遥か彼方の銀河系で漂ってた猫好きな宇宙イカのBlog。
プロフィール

twitterやってます→Gin_gaの呟きを見る

銀河,Gin-ga'

Author:銀河,Gin-ga'
*
SWG小説書いてた時もあった
・かいてみた一覧・

↓メインだったBlog
メザフォビゥユ(SWG専用)

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
物書きの基本すら知らないのに小説らしき物を書いてみました。

ちょっと練習しないと行けなくて思いついたネタがSWGだったもので・・・。
改行やら句読点とか思いっきりでたらめですが許してたもれ。

アイズリーカンテの様子を書いてみたらどうなるかなぁと思って書いたやつです。
お馴染みの方らしき人が何人か出てきます。
ただYumoさんだけ名前使っちゃった。

誰視点の話か、とか考えずに書いたけど、多分フィグリン・ダンあたりで丁度いいかもしれん。

この物語(って程でもない)はフィクションです。
オチとか山場とか無いのでそこらへん期待しないでお暇な方はご覧ください。
⇒ 続きを読む
スポンサーサイト
ちょっとスキンを調整。

今までデフォルトの置き換えスキンを目と男女それぞれの顔・体、と合計5種類使ってました。
でもなんか男用のスキンはデフォルトでいいかも?

女子用のスキンは置き換え必須。
違いはこんな感じです。
スキン以外はいじってません。(↓クリックで拡大
091001_02f.jpg
デフォルトだと鼻と口の周りがかなりおばさん臭くなってしまいます。

そして次は体のスキン。
男用の体スキンは適用するとマッチョになっちゃうのでRagoさんには似合わない・・・。
逆に女子用の体スキンは適用しといた方がセクシーです。(↓クリックで拡大
091001_01f.jpg
一番分かりやすいのがお腹周り。

■お髭
じさまにお髭も付けました。
本当はこの髭の先から下に向かっても伸びてるやつなんだけども、sims3では今のところこれしかありません。という訳でしばらくはこれで。
091001_03.jpg
顔のスキンも以前の画像では男用の顔スキン適用でしたが、こっちはデフォルトです。
ちょっと老けたかな。

■ブーツ
ちーたんの普段着のブーツ、ユニフォームブーツっぽいのを見つけたのでチェンジ。
おぉ、ようやく似てきた・・・。
091001_07.jpg
色変えたらスノーブーツになりそうなやつもあったのでこれでしばらくは安泰だ。

■昇進
先生が常駐医にレベルアップ。
ようやくお医者様らしい服装になりました。
091001_06.jpg
家に帰ってきてすぐの玄関先にて撮影。

■タトゥイーン式中型ハウスっぽい家
家を作り直しました。
せっかくだからSWGの頃崖の上に建ててた家と同じタイプのやつを再現。

外観はこんな感じ。
091001_04.jpg
ただ5人で暮らすにはちょっと狭いかも?

中身はこんな感じ。(↓クリックで拡大
091001_05f
玄関らしき通路を抜けた先の部屋が娯楽部屋みたいになってます。
その先がリビング、その先が台所。
2階には無理やりベッドを置くスペースしかできませんでした。
ベッドは1個離れた場所にあるのがうちのやつ、それ以外は色の通りです。

・・・個人の部屋が無いんだけど・・・いいよね。
修行の為、もうしばらく小説的な何かを書いてアップするかもしれません、ご勘弁を。
前回のやつを書いた後、このサイト(2016/3/17無くなってた)を見てちょっとお勉強しました。

sims2とか3に引き続き、相変わらず知り合いを勝手に登場させております。
今回はちーたんのターン。
女性視点の文章を書いてみたかったのでチャレンジしてみた・・・。
文章よりタイトルの付け方が分かりません!自分のセンスの無さにがっかりだ!

このお話はフィクション・・・ですが所々ノンフィクションかも。
⇒ 続きを読む
とある変態さんが小説に出たがってると聞いたので書いてみました。

なんかこれ、小説というか・・・実際にあった事を元にして書いてるから・・・何になるんだろうか。

400字詰め原稿用紙に換算すると10枚ぐらいになりました。(今までの2編はそれぞれ6枚分だった。)
結構書いたなぁ。

最後の最後で名前を出そうかどうしようかで物凄く迷った。
でも書いちゃった。

相変わらず誰が誰なのか知らない人にとっては話が分からないかもしれません。
お暇な方は読んでくだされ。

すみません、タイトル一応付けたんですけど気に入らな過ぎて今回はキャンセル!

※10/8.thu タイトル付けてみました。桜玉吉ではありません…。
⇒ 続きを読む
小説(のようなもの)を書き始めた時、「練習しないといけない」と書きましたが、別に仕事で必須とかそういう切羽詰った感じの理由では無いのであしからず。
ただメッセのコメントで応援してくれたそこの君、ありがとう。

今までタイトルの付け方で困ってたのですが、sims3内では小説のタイトルばっかり付けてる事を思い出して、それが使えないだろうかと考え中。
sims3で小説を書く手順は「ジャンル決定」→「タイトルを付ける」→「パソコンに向かって打つ」なのです。

完成すると面白い文章と共に印税がいくらか、とかが表示されます。
ジャンルによって平均ページ数が違い、そのせいで印税額が変わります。
長編ほど完成まで時間がかかり、印税も高いです。(↓クリックで拡大
091005_01.jpg
撮影のタイミングのせいで自キャラの書いた作品が多いですが、ちーたんとリースさんの方がたくさん書いております。
左上のRagoさんの伝記は「スキルチャンス」という、「成功するとスキルアップ出来るクエスト」で発生したものです。

※ちなみにSWG時代に名字が設定されてない知り合いには名字を付けてあります。ただし名字だけでも判断できるように「名前の最初の2~3文字」を名字にしてあります。Ragoさんの名字はRag、先生はAl、うちはGinが名字になっとります。

以下、現在までに書いた小説のタイトル一覧・・・変なのがいっぱいです。
⇒ 続きを読む
まだまだやりまっせ。
今回は「です・ます調」の三人称に挑戦してみました。難しいんですけど・・・。
ページ数は原稿用紙4枚分と今までで一番短いです。

なんとなく童話とか絵本とかの書き方な気がしますが、内容がそっち方面じゃないので分かりません!

元ネタの画像の話を書きたかったけど、知らない人の方が多いだろうからその時の画像もちょっといじくって貼ってみました。挿絵代わりにどうぞ。

相変わらず分からない人には分からない箇所があって、しかも細かいところがなんか変ですがそれでもよろしければ読んでみてくださいまし。
⇒ 続きを読む
第五弾です。
今までとまたちょっと違うパターンにしてみました。
きっかけはこの記事とその時のコメント。(>sims3と本のタイトル。

先に謝っておこう、ごめんなさい。
⇒ 続きを読む
ガンガン行こうぜ、第六弾!
今回は第三弾で書いた話の続き・・・というか別パターンです。
伯爵の変態っぷりを前面に押し出してみました。
第三弾に続き10枚+半分ぐらいの枚数になりました。元ネタのある書き易さよ・・・。

三話目をまだ読んで無い方は先にそちらを読んでおくといいかもです。
ついでに三話目にタイトルをつけておきました。

そろそろ本当にあった話なのかどうなのかよく分からなくなってきました。
相変わらず時系列や本人の人称、などはこちらでいじってあります。
⇒ 続きを読む
リクエストに応えてくれたのか先生が小説を書いて・・・ん?発掘?

>読書の秋(AlsterせんせのBlogへ

これは映画とゲームを融合させた良い小説だ・・・。
これ読んで改めて、SWGはジェダイオンラインだったけど、時代設定で言うとジェダイはほぼ絶滅してたんだったなぁってのを思い知らされました。

先生の小説読んだあとに、スターウォーズの鉄人のここを読むとニヤリとできるかもしれない。
>キャラクター・ガイド / モス・アイズリーの酒場 / ウーハー Wuher
なんか今使ってるユーザー名が使えるようだったので登録してみた。
今後続けるかどうかは不明。
後で知り合いをフォローしてみよう。

http://twitter.com/Gin_ga
しつこく7編目!原稿用紙では8枚分。
半分以上を会話シーンだけで構成してみました。

今回は実在の人物の名前が出ています!
でも多分半分ぐらいフィクションです!
そしてついにこっちのBlogの存在を知らないだろう方まで犠牲に…。

ごめんなさいごめんなさい。
⇒ 続きを読む
8編目でございます。過去最長の原稿用紙16枚分!

今回はメインの登場人物お二人に事前に許可を得て書いております。
でも多分フィクションです。

jigさんが昔作った動画「GoodbyeSWG」を見てからだとより楽しめるかと思われます。
というかそれを見ながら話を考えました!

申し訳ないですが今回も実在の人物名を使わせていただいております。
運悪く登場させられた方には申し訳ない。

ではどうぞー。
※一度タイトルを付けたのですが、やはり微妙なので保留!
12/12.sat もっかいタイトル付けてみた!
⇒ 続きを読む
今回こそ8割以上がフィクションです!
リースさんとの釣りバカ日誌を書こうと思ってたら…こんなことになってしまいました。

元はといえば、先生の書いた小説に触発されたからなのですが。
>新作書いてみました (AlsterせんせいのBlogへ

長くなりそうだったので前後編に分けました。もうちょっとかかりそうです。
続きはまだ書いてないけど何を書こうかはだいたい決まっております。
自キャラを格好よく書きすぎて恥ずかしいのですが、それでも良ければ読んでください。
⇒ 続きを読む
前・後編だけではおさまらず、前・中・後編にもおさまらなさそうなので、表記方法を第○話と改めました。
現在第三話まで書き終わったところですが、この話が一番苦労した…。
四話+エピローグで終るかなぁ、と言ったところです。

相変わらず勝手に登場していただいてる皆様には申し訳ないけどありがとうございます。
今回も8割以上フィクションなので、所々表現がおかしなところがありますが、よろしければ読んでやってください。

ではどうぞ。
⇒ 続きを読む
続けて第三話。
続きはまだ書いておりません!早くても明日の夜。

ある人の変態性も見せつつ格好良く書くという離れ業がうまくいったような気がします!
うちすごいんちゃう?
・・・言いすぎましたごめんなさい・・・。

クライマックスへ向かう第三話。
よろしければ今回もお付き合い下さい。
⇒ 続きを読む
第四話です。長いです。
そしてまだ終りません!!

多分次と…エピローグで終るような…うーん。
続きはまださっぱりです。早くて明日の夜。
こんなペースで書いてるのは恐らく第九弾のみでしょう…。

第二話に続き、前半は物凄い苦労しました。
誰か私にインスピレーションバフを下さい…。

それでは今回も、よろしければドウゾ。
⇒ 続きを読む
ごめんなさい、もう無理です…。
当初の予定と方向性が完全にずれてしまいました。
最初はかなりシリアスな展開にしようかと思ってたのに!

悪ふざけパート開始!みたいな…。

ついでに後ちょっと続きます。
エピローグを次回にまとめられるか、別になるか…。
その前に結末どうしよう…。
⇒ 続きを読む
ようやく終った!
ほぼ勢いで方向性を捻じ曲げた前回の話、アップした後かなり後悔したのですが、その後黒衣の男のモデルの方の発言と、新撰組副長土方歳三氏のおかげでいきなり解決!
パズルのピースがカチッとハマるような、ヤバイ気持ちよさを感じさせていただきました。

残りはまったりした後日談を描いたエピローグで終る予定です。

自己満足の塊!最終話、少し長いですが文字数自体は多分そうでもないです。
よろしければ最後まで見届けてください。

それではどうぞ。
(※土方歳三が気になる方は
 「新撰組血風録」 司馬遼太郎・著 中公文庫・発行
 の中の「菊一文字」という話を読んでみてください。ちらりとおなじような場面が。 )
⇒ 続きを読む
エピローグできましたー。
さらっと終らせようと思ってたけど色々と詰め込みすぎて長くなってしまいました…。

一週間がかりでようやく本当のエンディング。
お酒を用意してからつまみ代わりにでものんびりご覧下さい。

第九弾を書くにあたっては、以下のお二人が書かれた作品が大いに影響した事をここに記すと共に、感謝の意を表しまする。
・伯爵(Blog等では未発表の小説)
・先生「バウンティーハンター銀河ちゃん

最後に一言。サマーソルトよりキャノンスパイクが好きです。
⇒ 続きを読む
書いた物が予想以上に増えて来たので一覧作ってみました。
それぞれの話が原稿用紙何枚分なのかも追記。
⇒ 続きを読む
やたら長くなった第九弾、どれだけ行き当たりばったりに書いてたか覚えておく為に自分メモ。
エピローグまで全部扱ってるのでやたら長いです。
アニメで言うと…絵コンテみたいなもん?でも後付で考えたからそうとも言えない。

こういうのは興ざめだと思われる方は絶対に見ないでください。
⇒ 続きを読む
自分メモ書いてたら思いついちゃったんでアップしてみます!
出てた人が出てなかったり、出てなかった人が出たりしておりますが…。

完全に蛇足なのですがとりあえずアップ!
⇒ 続きを読む
久し振りの「かいてみた」。
原稿用紙7枚程度の短編です。

舞台設定、キャラなどはSWGのものを使ってますが、話自体はだいたい実話です。
中学二年の頃友達に言われた事をふと思い出したので書いてみた。
⇒ 続きを読む
Gin_warとかいう動画で使われてた時から気になってたバンドのアルバム、やっとこさ買いました。
日本でしか発売されてないベスト盤らしく、どの曲もいいわぁ、って訳でちらっと紹介。
>Bestwishes
⇒ 続きを読む
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。